本文へスキップ

診療案内medical info

診療対象動物

犬、猫、うさぎ、ハムスター
その他の動物については電話にてご確認ください。

診察時間

  日・祝
午前09:30〜12:00
午後16:00〜19:00

※水曜日は休診です。
※日曜・祝日は午前中のみの診察です。
※12:00〜16:00は手術、往診時間です。
※緊急の場合は診察時間外でも対応します。留守番電話に用件を伝言ください。折り返しお電話させていただきます。

心臓検診について

当院は犬、猫の心臓病検診を推奨しています

皆さんのお家のワンちゃん、ネコちゃんの心臓は元気ですか?

一般的に、初期の心臓病ははっきりとした症状を示さないため、いよいよ重症化してはじめて病院を訪れることになります。重症の心臓病は治療の反応も悪く、すでに手遅れの段階にあることも少なくありません。しかし、初期の段階で心臓の異常を発見することができれば、治療の反応もよく、長期的に良好な生活を送ることが可能となります。このような理由から、心臓病に関しては病気が発生しやすい時期に、積極的に検診をうけることが重要といえます。

病気の発生しやすい時期=検診をうけるタイミングはいつ?

家族に迎えたときの若齢期(6ヶ月まで)と、シニアに入ってからの老齢期(7歳以降)が基本になります。若齢期の検診では生まれつき持っている心臓病がないかどうかを、老齢期の検診では弁膜症などの心臓の加齢性変化による心臓病を調べるためにおこないます。7歳以降は定期的(年1回)な検診を継続します。

検診の内容は?

まずは、一般的な身体検査や聴診で心臓以外にも病気の徴候がないかどうかを調べます。つぎに、超音波(エコー)検査で心臓を詳しく調べます。ここまでが基本的な検診になります。異常が認められた場合は、レントゲン検査、血圧測定、心電図測定などを追加で実施することもあります。検査の核となる超音波検査は、体表から超音波を当てるだけなので、痛みも無く、麻酔も不要で動物に負担が少なく、さらにリアルタイムに心臓の内部を観察することができるので、どのような異常が心臓に起きているかを知ることができます。

検診の受け方は?

心臓検診は予約不要です。ご希望の方は診察時間内に来院の上、受付でお申し付けください。検査自体は15分程度で終わり、その場で結果がわかります。費用は身体検査と超音波検査で5000円になります。

あみたに動物病院あみたに動物病院

〒063-0001
札幌市西区山の手1条6丁目2-15
セピア山の手1F
TEL 011-215-7881